気ままに行こう

子育て中の国際結婚家庭の日常生活

ヘアドネーションで髪の毛を寄付しよう!

髪の毛を寄付できることは知っていても、実際には何処にどうやって寄付したら良いかを知らない人って多いですよね。

しかも、カラーやパーマで傷んだ髪の場合、寄付できないと思ってしまいませんか?

 

実は、18歳以下の子達の医療用のウィッグをプレゼントしている団体があるんです。

「ヘアードネーション」と調べると出てきます。

↓↓↓
www.jhdac.org

 

今までに同じ学校に髪の毛のない子とか居たことはありませんか?

生まれつきの子もいれば、は病気の治療で髪が無い子、事故などにより髪がなくなってしまった子達もいます。

そういう子達が使うウィッグを作って無償でプレゼントしているんですね。

ウィッグ待ちをしている子は全国にたくさん居ます。

 

髪の毛ってすごい重要ですよ。私も事情がありウィッグにお世話になったことがあるので知っているんです。髪の毛の大切さを。。

見た目の問題はもちろんあるのですが、髪の毛がないと冬場はものすごい寒いんです。特に襟足のあたりがやたらと冷える。髪の毛は暖かいんだなって感じます。逆を言うと、夏場はウィッグを被っていると暑くてたまらないのですが。。

 

ウィッグ1つ作るのに髪の毛の寄付30人分必要らしいです。しかも31cm以上の髪の毛が。

引っ張って切れてしまうほど痛んでいてはダメですが、多少痛んでいても大丈夫。くせっ毛でも良いそうです。

私も今伸ばしているのですが、まだ20㎝。ここまで伸ばしたから31cmまでがんばりますが、子育て中だと長い髪はとにかく煩わしいんです(私にとっては)。なので、2回目はしばらく期間をおいてからになると思いますが、もしこれを知って気になった方、長い髪を切ろうと考えて居る方、是非寄付をしてあげてください。

子供達を笑顔にしてあげましょう。

 

ちなみに、男性の髪の毛もOKだそうですよ。

 

f:id:j-piyo:20190326160748j:plain