気ままに行こう

子育て中の国際結婚家庭の日常生活

カブトムシの幼虫 その②

【閲覧注意!!】 

幼虫の写真を載せているので、幼虫が苦手な方はご注意ください。

 

 

うちにはカブトムシの幼虫が11匹います。

 

カブトムシのおうち、

またフンだらけになったので、キレイにしてあげました。

 

f:id:j-piyo:20190312011755j:image

 

大きなかごなので、一度の掃除で写真の10Lの昆虫マットの3分の2くらい使ってしまします。

でもこの昆虫マット、安いんです。

大量に入っているのに、これで400円位。

 

 

 

さて、今回はちょっと暖かい日にマットを変えました。

 

マットから掘り出された幼虫たちはモゾモゾと動いています。

うちの子供達が、我先にとケンカをしながらマットの中から幼虫たちを発掘。

 

下の3歳娘はちょっと乱暴に扱うから幼虫がかわいそう。

探し出した幼虫を、ガシッと掴んでポンッ!と投げて容器に入れちゃったりして😱

幼虫たちは服を着ていないから、もうちょっとそっと触ってあげようよ。

しかも投げられたら痛そうじゃん!

傷ついてカブトムシになれなかったらかわいそうだし。

 

3歳の娘は注意すると更に投げるだろうということは想像がつくので、ここは何も言わずに、なるべく娘には触らせないように5歳息子と一緒に手早く11匹を全て発掘。

 

ちょっと宝探しみたいです。

探すのは幼虫だけど、息子は幼虫を発見する度に大喜び✨

 

かごの中のマットを全て入れ替える作業をしていると、幼虫の動きがいつの間にか止まってる。

死んでないよね??

 

つついてみたら、モゾモゾと動きました。

寒いのかな?

 

新しくしたマットの上に幼虫達を置いてあげると、暫くしてからまたモゾモゾ。

 

下の写真、よく見てください。

幼虫が頭をマットに突っ込んでいるのが分かりますか?

 

f:id:j-piyo:20190312011835j:plain


こうやって中に入っていきます。

この姿がまたなんとも愛らしく感じてしまうようになりました。

 

そして完全にマットの中に入りました

 

f:id:j-piyo:20190312011909j:image

入っていったところに穴が開いています。

 

幼虫が見えるかな?と思って覗いてみましたが、暗くて見えませんでした。

 

f:id:j-piyo:20190312011949j:image

 

先日、 素手触ると幼虫がカビちゃうことがあるらしいと言う話しを聞いたので、今年のマット変えはこれで最後。

あとはこのままにしていようと思います。

 

 娘に掴まれて投げられた幼虫も、無事に11匹みんながカブトムシになれますように。

 

 

 でも、全部カブトムシになったらどうしよう・・・

それはその時に考えることにしよう・・・

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村