気ままに行こう

子育て中の国際結婚家庭の日常生活

田んぼに○○が落ちていた!!!

 

ここは栃木県の那須塩原市。

皇室の御用邸があり夏は避暑地として観光に来る方も多いため、ご存じの方も多いと思います。

 

私が住んでいるのは那須塩原市の中でも田畑が多い地域です。毎日のように車に乗りながら田畑を見ています。

 

でも、たまに田んぼに大きな物が落ちていることがあるんです。。。

 

 

f:id:j-piyo:20190617133133j:plain

 

こっちに引っ越してきて間もない、冬になったばかりの頃、当時3才の息子が家に帰ってきてから言いました。

 

息子)「今日ね、田んぼにが落ちていたんだよ!バスに乗っているとき見たんだ!」

 

私)「本当?!」

 

息子)「本当に落ちていたんだよ!小さい車が!!」

 

私)「本当に落ちていたんだね。スゴイ物を見たね。乗っていた人は大丈夫だったのかな?」

 

息子)「誰も居なかったよ」

 

興奮しながら話す息子。話しを聞きながら、私は半分疑っていました。だって、田んぼに車が落ちているって、そうあることじゃないだろうし・・・🙄

40年近く生きていて、そんなの今まで見たことありませんでした。でも、田んぼに車が落ちることはあるだろうな、とは思っていました。

 

 

そして1年後の冬。息子4才

今度は私もその現場を目撃しました。

 

この頃には私も生活に慣れて、幼稚園には車で送迎するようになりました。

ある寒い日の朝の出来事・・・

 

数日前にに雪が降ったので、日の当たるところは雪が溶けたのに、うちの近くの道路で建物の陰になっている為に道路の右端から左端までどこもかしこも凍っている場所がありました。距離で言うと40メートルくらい。

しかもこの道、中央線のない狭い道なんです。

 

朝、幼稚園に子供を送るのに、どこの道を通っても必ず凍った道を通らないと行けない。。

なので、凍っているけれども他の道よりは比較的走りやすいその道を通って行こうと決めて、家を出発しました。すると、道路の右側の田んぼの中に重そうなでっかい物が。

よく見なくても何だかはすぐに分かりました。

 

なんと!

田んぼに軽自動車が落ちていたんです!

 

しかも、車の一部が落ちていたのではなく、車全体が完全に田んぼの中に落ちていました。

どうやって落ちたのかは分かりませんが、道が凍っていたから滑ったのかな??

通り過ぎながら色々考えちゃいましたが、私も運転している上、その凍った道を通らないといけないのでよそ見をする余裕はなく。落ちていた車に大きなダメージはなさそうだったけど、乗っていた人は大丈夫だったかな??

 

そして、滅多に見ない物を見たから子供達は大興奮!

 

子供)「車が落ちてる!!」

 

こういう時、親としてなんと返したら良いのか困ります・・・

 

私)「道が凍って居るから滑って落ちちゃったのかね?乗っていた人が怪我していないと良いね。」

 

子供)「すごい!!車が落ちてるよ!!」

 

(全然、聞いていないし・・・)

 

 

 

そして、今度はまたその翌年の夏の出来事。この時は息子は5才

これは私は聞いた話になりますが、やはり息子が見ていました。

 

この時は私の両親が来ていて、子供達を連れて買い物に行った帰りの出来事です。

うちのすぐ近くの田んぼの横の道を車で通り過ぎたそうです。でも何かが田んぼに落ちている。。

 

この時は、なんと人が落ちていたそうです。

 

道路から数メートル離れた場所に、おじいさんが。しかも胸の辺りまで泥の中に沈んでしまっている。

 

夏場は稲の葉が伸びているので見えにくいのですが、気のせいかと思い再度見ると、やはり人が落ちている!!

父はこの落ちている人に気づきました。そして、飼い犬らしい犬が道路にいる。とにかく様子が変なので、車をバックして戻り、落ちている方に声をかけたそう。。

すると、やはり落ちて動けなくなってしまったとのこと。

 

水の張ってある、田んぼは足を取られるので危険です。

父は近くにある棒を差し出し、母は父が落ちないように大きなカブのお婆さんの様に父を掴み、おじいさんには父が差し出した棒を掴んでもらい、引っ張って田んぼから引き上げたらしいです。

 

おじいさん、暫くの間田んぼにいたらしく、体が冷えてしまっていたらしいです。あの時に気づいて本当に良かったです。

 

そして家に帰ってきたらやはり・・・

 

息子)「ママ!田んぼに人が落ちてた!!!」

 

私)「えぇぇ??田んぼでお仕事をしていたんじゃなくて、落ちていたの??」

 

息子)「そうだよ!じっちゃんが助けたんだよ!」

 

娘)「人が落ちてた!!」

 

少しして帰ってきた父に聞くと、上記のことを話してくれました。

どういう経緯で田んぼに落ちてしまったかは分かりませんが、田んぼは危険ということを知りました。。

 

 

 

 

そして、今年の春。

息子5才

 

ある日、幼稚園に子供達を送って行く時。

 

息子)「あぁぁ!!また車が落ちてる!!」

 

(何度か聞いたことがある台詞・・・「また」がついてるし・・・)

 

息子)「ママ!早く見て!通り過ぎちゃうぅ!!」

 

私)「運転中よそ見したら危ないよ」

 

と言いつつ、チラッと見ると、本当にまた田んぼに車が落ちていました。

 

この時に見た車は後輪だけ落ちていて、私道を車でバックしていたら行き過ぎて後ろの田圃に落ちちゃった・・・って感じでした。

 

 

ここに引っ越してきて2年10ヶ月。

毎年車が落ちているのを見ています。。

6才になった息子は今度は田んぼに何が落ちてるのを見ることになるのか・・・😅

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村