気ままに行こう

子育て中の国際結婚家庭の日常生活

子連れママの公衆トイレは危険がいっぱい。それはやめて~!!

 

子育て中のママ、外出中に子供をトイレに連れていることがありますよね。

パパがトイレに連れて行くこともあると思います。

 

子連れトイレ、なかなか大変ですよね。

服にオシッコついちゃった・・・

汚物入れを触りたがる・・・

とかは子連れトイレあるある!ですが、私が一番困ったこと2つをここではお話しします。

 

 

鍵を開けないで~!!!

狭い個室トイレの場合

赤ちゃんと言っても侮れない!

首が据わってくると、トイレの個室に設置されているベビーチェアに座らせますよね。

 

これに ↓ ↓

 

f:id:j-piyo:20190624110942j:plain

 

でも、座らせて安心してはいけません。

好奇心旺盛な赤ちゃんは何でも触ってしまいます。

 

そして、何故か絶対に赤ちゃんの手の届く場所にあるトイレの鍵!!

 

f:id:j-piyo:20190624111121j:plain

 

うっかりして目を離してしまうと、鍵を開けてトイレの扉が!!!

 

ちょっと待ったぁー!!!💦

 

すかさず、手もしくは足で扉が空かないように抑えます😅

 

これ、私は息子にも娘にもやられました。

 

で、鍵を閉めても面白がってまた開けちゃう😭

閉めちゃ開け、閉めちゃ開け・・・

 

鍵を掛けるよりも、早く出た方が良いことを悟りました。

 

でも、鍵が開いた状態だと、外から見たら[空き]になっているので、他の方が入ってくる可能性があります。

しかも、トイレによっては鍵を掛けていないと扉が開いた状態になる!!

 

そんな時に知らずにバーン!と力一杯に扉を開けて使用中のトイレに入る人は滅多にいないと思いますが、ちょっと危険なのでやはり扉が開かないように押さえておかないといけません・・・

 

 

広い個室トイレの場合

最近は広い個室トイレも増えてきていますよね。

でもこのトイレは更に危険です。

「わー!広い!!」なんて喜んで、気を抜いてはいけませんよ。

 

赤ちゃん連れは大丈夫です。

 

幼児を連れて入る場合はかなり危険!!!

 

何故かって・・・

赤ちゃんの場合にはベビーカーでそのまま、もしくはベビーチェアに座らせて自分が用を足せば良いのですが、幼児は自分の用が済んだら勝手に出て行こうとすることがあります。

 

しかも、こういうトイレって鍵の位置が低い😭子供でも余裕で開けられちゃいます。

 

更に厄介なのは、便器の位置が扉を押さえられる位置にないこと!!😱

 

つまり、親が便座に座って用を足しているときに子供が扉を開けてしまっても止められない・・・

 

これ、本当に困ります。

 

以前に子供が絶対に届かない高い位置にも、もう一つ鍵がついているトイレがありました。

3才児と5才児を連れて入るトイレで初めて安心して用を足せたトイレでした✨

 

子供と一緒に入ることを想定して作られているトイレには、高い位置に鍵がつけてあったら本当に助かります。

 

 

それ、恥ずかしいから言わないでよぉぉぉ!!

ベビーチェアに座らせられる子連れの時に危険なのは、扉の鍵。ちょっと大きくなると汚物入れを触る・・・

 

そして、もうちょっと大きくなると、また違った危険があります。

 

3才になったばかりの娘と一緒にトイレに入った時のことです。

 

娘は用を足し、狭い個室トイレをうろちょろ。

私が用を足して(大きい方です)、水を流すレバーが便器の後ろにあったので立ち上がると、娘がすかさず便器の中を覗いて・・・

 

娘)「ママ、う○ちしたの?う○ち?」

 

しかも子供だから声がデカい!!!

 

私)「そういうことはね、小さい声で言うんだよ」

 

娘)大きいね~💩すご~い!!

 

(声デカい~💧私の言ったこと聞いてないし・・・)

 

トイレにいる人全員に聞こえているのではないかと思いました。

 

が、そこで「う○ちじゃないよ」と言っても仕方ないので、サッサとトイレを出ました。。

 

毎朝、子供がトイレでう○ちをしたら、「うわっ!おっきいのが出た!!すごい!!」なんて言っているから真似したんですよね。きっと。

 

この時以来、私はトイレでは何が何でも水を流してから立ち上がるようにしています。

 

まとめ

子連れトイレがどれだけ危険か分かりましたか?

 

子連れでのトイレは、安心して用を足せません💧

 

これ、うちだけですかね??

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村